pagetop

2月の2大イベント?「節分」VS「バレンタイン」。Twitter上で盛り上がったのはどっち?(Twitterトレンド調べ)

企業のソーシャルメディアを独自に
収集/測定/分析
最新のランキングや統計データを公開中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Belugaブログ

2月の2大イベント?「節分」VS「バレンタイン」。Twitter上で盛り上がったのはどっち?(Twitterトレンド調べ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:Twitter 分析・統計
2015年02月27日(金) 20:45
東京と大阪。バレンタインに関するTwitterトレンド掲載時間は160時間近辺とほぼ互角。一方節分に関しては東京を大阪が大きく上回る結果に。

下の表は2月1日~16日の期間に節分系、バレンタイン系のキーワードがそれぞれ何時間(キーワードの累計時間)に渡ってTwitterトレンドに掲載されたかを示しています。

 

東京VS大阪

 

 

東京、大阪ともにバレンタインに関してTwitterトレンドに上がったのは累計160時間ほど。しかし節分に関しては東京が累計146時間なのに対し、大阪では累計183時間トレンドにあがっていました。

 

節分に関するツイート内容は大きく「豆まき」に関するものと「恵方巻」に関するものに分かれていました。

 

ワード

 

関西が発祥(諸説あるようです)と言われている「恵方巻」に関するツイートが多いことが、大阪が節分の掲載時間が長かった理由なのではないかと思いトレンドの内容を分析してみると。。。
割合1

 

むしろ「恵方巻」に関するツイートの比率は東京の方が比率がわずかですが高いことが分かりました。関東でもすっかり恵方巻は定着したようです。

一方、同様の割合を札幌エリアで見てみると。。。

 

さっぽろ

節分に関するトレンドデータのうち、札幌では20%弱しか恵方巻関連はありませんでした。全国区になりつつある恵方巻ですが、まだまだ地域によっては根付き方に違いがあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top

PC版スマホ版