pagetop

2016年採用情報解禁!各社採用Facebookページの運用状況は?

企業のソーシャルメディアを独自に
収集/測定/分析
最新のランキングや統計データを公開中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Belugaブログ

2016年採用情報解禁!各社採用Facebookページの運用状況は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月23日(月) 13:30

2016年卒の採用情報が3月から解禁になりました。Facebookページを活用した企業の採用活動がネット上で話題になることは少なくなってきた印象がありますが、とはいえ解禁になりたての3月。Belugaポータルに登録してある採用ページ(全112ページ)の中から、3月に動きのあるページの動向を調査してみました。

 

Belugaポータルに投稿してある採用ページとその投稿のランキング一覧は、以下のリンクからチェックできます。

 

採用Facebookページランキング|Belugaポータル
採用Facebookページの投稿ランキング(2015年03月のFacebook投稿ランキング)|Belugaポータル

 

 

アクティブな採用ページは66%、平均投稿数は5.3投稿

3月もすでに3週目が終わりますので、専用の採用ページを公開してる企業であればさすがに1投稿ぐらいはしてるだろう・・・ということで、3月に1度でも投稿をしているページをアクティブとして、ファン数別と投稿数別で採用ページ数を集計しました。

 

結果は以下の通りです。ファン数別に見たところ、どのファン数区分でも一定数のページで未だ投稿がされていないようです。時期的にみて、16年卒の採用情報解禁に反応した投稿がなくとも、15年度入社に伴った投稿が何かしらあってもよさそうですが、アクティブなのは66%という現状でした。投稿数にはかなり開きがありましたが、投稿しているページに限って見てみると、3月の平均は約5.3投稿です。

 

・ファン数毎の採用ページ数と3月のアクティブ率

saiyou_fb_page_status

 

・採用ページの3月の投稿頻度

saiyou_fb_page_post

 

また、今回集計したデータを見ていると、活発に投稿しているページや特に人気のページなど特徴がありましたので、以下に紹介したいと思います。紹介するランキングや各値は、すべて3月のデータ(3/1~3/19日の集計データ)となります。

 

 

ファン数・投稿頻度が高く、活発に利用している電通と博報堂

ファン数・投稿数ともに上位の電通と博報堂。採用サイトでは同じみの顔ぶれではありますが、ファン数が多いこともありそれほど高いエンゲージメント率ではありません。が、他社とくらべると活発に運用されてるようです。

 

電通 新卒採用 [DENTSU RECRUIT]
 (ファン数:1位, 投稿数:1位, 平均エンゲージメント率:0.66%)

dentsu

 

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ合同採用事務局
 (ファン数:4位, 投稿数:2位, 平均エンゲージメント率:1.07%)

hakuhodo

 

また、ファン数は数千人規模ながら、投稿数とエンゲージメント率が高い東急エージェンシー。2016年新卒採用「これがホントの、顔採用」も話題を呼んでいます。

 

東急エージェンシー 新卒採用
 (ファン数:下位, 投稿数:5位, 平均エンゲージメント率:3.5%)

tokyuagency

 

 

ファン数5000人以上のページの中では安定して高いエンゲージメント率のJALスカイとANA

採用ではなく通常の企業Facebookページのほうでもお馴染みの航空会社関連ですが、採用ページでも安定のエンゲージメント率のようです。

 

JALスカイ採用
 (ファン数:5位, 投稿数:13位, 平均エンゲージメント率:4.81%)

jalsky

 

ANA(全日本空輸)総合職事務職 採用
 (ファン数:11位, 投稿数:下位, 平均エンゲージメント率:3.26%)

ana

 

 

採用全体で見ると、三井住友カードが断トツのエンゲージメント率

ファン数が1000人台で採用ページの中では少ないほうなので、他のページよりエンゲージメント率が高くなる傾向があるとは思いますが、それをおいても10%超えのエンゲージメント率は他の採用ページと比較すると圧倒的に良い数字といえそうです。次いで、6.6%で「豊田通商 新卒採用チーム」が続きます。

 

三井住友カード 株式会社 SMCC 採用
(ファン数:下位, 投稿数:下位, 平均エンゲージメント率:10.97%)

mitsuisumitomo

 

いかがでしたでしょうか。今回のデータだけですと、採用における企業のFacebook活用頻度がどう変わってきてるか?というところまではわかりませんが、現状を把握するための1つのデータとして、広報や採用関係者の方は参考にしてみてください。

 

また、今回は3月途中までのデータ集計でしたので、今後、月毎や年毎の比較などで面白そうなデータがとれた場合は、またブログに書きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top

PC版スマホ版