pagetop

Facebookページのファン数減少はやっと落ち着きをみせたようです

企業のソーシャルメディアを独自に
収集/測定/分析
最新のランキングや統計データを公開中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Belugaブログ

Facebookページのファン数減少はやっと落ち着きをみせたようです

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月25日(水) 17:30

最初に結論から書きますと、タイトルの通り、3月14日ぐらいから影響が出始めていたファン数の減少は、3月21日前後を境に収束をむかえたようです。

 

いつまで下がり続けるんだ!?ウチのページはまだ影響がないけどこれから減る可能性はあるのか!?などなど、いまだ気になっていた担当者や管理者のみなさんもいるかと思いますが、Belugaポータルで各ページのファン数の推移を見ている限り、グラフ的には「落ち着いた」感がでています。

 

Facebookが変化球を投げてくれば別ですが、主だった日本企業のFacebookページに限っては、影響があるページはすでに影響が出きった、と言えそうです。

 

今回のファン数減少に関して簡単なおさらい

Facebookページのファン数減少に関しは、3月6日にFacebookが公式発表してから関係者の間では話題になっていました。インサイトでもトラッキング方法が変更になるからファン数に影響がでる(減る)可能性がありますよと、告知されていました。

 

fb_insight

 

ファン数が減少してしまうのは、今までファンとしてカウントされていた「利用解除されたアカウント」と「追悼アカウント」が除外されるからという理由ですが、利点や影響など、詳細は公式ブログの説明を見ていただくのが早いかと思います。

 

Facebookページの「いいね!」数がより正確に | Facebook for Business英語版

 

グラフで見るファン数の減少傾向

実際にファン数が減り始めた後、さまざまなメディアやブログで状況が報告されていましたが、Belugaポータルでもファン数の推移を簡単にグラフでチェックできます。

 

主に影響が顕著にでそうなファン数ランキングの上位50位をメインにウォッチしていましたが、影響が出ていた期間はおおよそ3月14日~3月21日。ファン数上位のほとんどのページで減少が見られましたが、それ以降、ファン数に目立った変化は確認できていません。

 

減少の傾向がページによりさまざまでしたので、以下、いくつか紹介します。
(※Belugaポータルのファン数は日本のローカルファン数となっていますので、見た目上のファン数とは異なることがあります)

 

<期間中、4~5日間ぐらい継続してファン数が減少したケース>
(例:Amazon.co.jp (アマゾン)/アマゾンジャパン株式会社
amazon

 

<期間の前半に減少傾向が見られたケース>
(例:ローソン(LAWSON)/株式会社ローソン
lawson

 

<期間の後半に減少傾向が見られたケース>
(例:JAPAN AIRLINES (JAL)/日本航空株式会社
jal

 

<タイミングはさまざま。減少したのが1日だけのケース>
(例:キリンビール / KIRIN BEER/キリンビール株式会社
kirin

 

<ほとんどのページが3月20日までに減少がとまっているが、稀に21日に影響が出ていたページもあり>
(例:Nissan/日産自動車株式会社
nissan

 

<もちろん、大きな影響が見られなかったページもあり>
(例:セレッソ大阪/大阪サッカークラブ株式会社
oosaka

 

他にも、Belugaポータルでさまざまなページのファン数推移が確認できますのでご利用ください。

Facebookページランキング|Belugaポータル

 

ファン数の減少に関してはもうしばらくチェックし、再度動きがあるようであればまたブログに書きたいと思います。

 

※ファン数について:
Belugaポータルではグローバル対応のページは日本向けページのファン数のみを表示しています。また、国別ファン数上位45カ国の値を加算していますので、見た目上のファン数と誤差が生じる場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top

PC版スマホ版