Twitterの広告体験をよりリッチなものにする「カスタムストーリー」とは?

企業がTwitterでマーケティング活動を行ううえで、広告は重要な役割を担います。
ただ単に広告を配信するだけではユーザーの目に止まらない可能性もありますが、広告を通じて楽しい体験を提供できれば、ユーザーの印象にも残りやすくなります。

そこで今回は、広告の体験をより豊かにする「カスタムストーリー」をご紹介します。

 

カスタムストーリーとは?

カスタムストーリーは、Twitter上でユーザーごとに異なる体験を創出します。
広告からカスタムストーリーのページへ遷移し、その後はボタンを選択したりテキストを入力したりすることで次の質問へ進み、最終的にはユーザーの選択に応じた結果が出ます。

例えば…

こちらはクイズ型のカスタムストーリーです。
5問のクイズに答えると、獲得点数が結果として表示されます。

 

こちらはシミュレーションゲーム型のカスタムストーリーです。
洞窟の分かれ道でどちらに進むかを選択し、選択した道に応じたイベントをクリアすると最後の結果が表示されます。

 

上記事例のクイズは全5問ですが、質問の数に制限はありません。
また質問に対する回答選択肢や結果の数にも制限はないため、自由自在に企画を練ることが可能です。

そして選択肢のボタンはTwitterのカンバセーションボタンと似た見た目になっているため、ユーザーはTwitterを操作しているような感覚で楽しむことができます。

 

カスタムストーリーを活用した事例

カスタムストーリーを活用した様々なキャンペーンの中から、3つをご紹介します。

◇新商品のブランドムービー視聴を参加条件に設定

キリンビールの新商品『スプリングバレー』発売を記念して、ブランドムービー視聴キャンペーンを実施しました。
カスタムストーリーでブランドムービーを視聴後にツイートでシェアすると、キャンペーンへの応募が完了となります。

動画は早送りやスキップができないため、全編を見てもらうことで商品理解を促進することに繋げていました。

 

◇縦型動画を活用したシミュレーションゲーム

Yostarの『アズールレーン』は、4周年を記念してカスタムストーリーを活用したシミュレーションゲーム施策を実施しました。

縦型3D動画をカスタムストーリーに組み込むことで、まるでゲームを操作しているような体験をユーザーへ提供しました。

 

◇5つの質問に回答して結果を診断

サムザップの『このファン』は、1.5周年記念にカスタムストーリーを活用した診断施策を実施しました。

質問・結果ともに5個ずつ用意されており、何度でも診断を楽しめるように設計されていました。

 

まとめ

カスタムストーリーは、動画視聴・診断・クイズ・アンケートなど目的に応じて様々な活用方法があります。
ユーザーへ楽しい体験を提供することができるため、ぜひ今後のTwitterマーケティングに活用してみてくださいね。